全車チルトに

Share on Facebook
はてなブックマーク - 全車チルトに
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまたこのクラスでは珍しく、全車チルトに加えてテレスコピック装備なので、ハンドル位置も完璧に合わせられる。ハンドルもMPVより上質そうな革で、手のひらにしっとり馴染んでとても握りやすい。

運転席にすっと座ると、サイドサポート、ヘッドレスト、ペダルにハンドルが自然な位置にカチっと決まる。
包まれ感はあるけど、特に窮屈なわけではない。自然な姿勢で、何より運転が楽。

ヘッドアップディスプレイも、ほとんど目線を前方から外さずに速度を確認できるので良い。
メーターも視認性は良い。アナログタコメーターがセンターにドンとあるのも好み。

mp3をコピーしたUSBを突っ込むだけで再生してくれるのでとても便利。センターディスプレイには曲情報もちゃんと表示される。
標準装備の6スピーカーは思った以上に音が良い。
mp3でもなかなかの音で再生してくれる。wmaファイルやとかなりエエ音で鳴る。

Bluetoothのハンズフリーも、運転中の電話を気にしなくて良いのでグッド。
電話が来るとちゃんとオーディオは消してくれるし、音質も上々。

今日は内装について。

Share on Facebook
はてなブックマーク - 今日は内装について。
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

デミオの内装は、これまでのマツダ車とは全く別物で、非常に質感が高い。
チリ合わせ、スイッチ類の感触、シート、どれも他社も含めてこれまでのコンパクトカーの域は軽く超えている。

ダッシュボードは、さすがにこのクラスではソフトパッドではないけど、安物のプラスティッキーな感じがなく、一瞬見た目はソフトパッドのようにも見える。

ホワイトレザーとファブリックのコンビシートも、上質なステッチと質感で、すわり心地がとても良い。
最初ふわっと沈んで、体全体をしっぽり包んでくれる感じ。
自然に座れて、そのまま足を伸ばすとアクセルとフットレストに足が自然に乗る。
自慢のオルガン式アクセルペダルは、吊り下げ式に比べて足首が楽で、速度の微調整がし易い。
もちろん、伸びた全長を全部前席に使っただけのことはあって、ペダルもオフセットされてないので、とても運転し易いし、楽。

エンジンかけて

Share on Facebook
はてなブックマーク - エンジンかけて
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝もそれなり冷えたけど、昨日よりはちょっとマシ。

今朝はエンジンかけてからスタートするまでにちょっと手間取ったので、平均燃費がちょっと下がった。
会社に着いた時点で走行距離は138km。フューエルメーターは今日も変わらず満タン表示のまま・・・。
平均燃費は18.0km/L。

朝冷えてる状態で始動して、エンジンが温まるまではi-stopもきかないし、20分ほどの通勤時間で多少渋滞もある。おまけに、何しろ楽しいので、コーナーではついアクセルを踏んでしまう。それでこんだけ走りゃ言うことなしか。

今日のデミオくん。

Share on Facebook
はてなブックマーク - 今日のデミオくん。
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、今日のデミオくん。
今朝はまた冷え込んで、車に乗った時点で温度は4℃。
寒いのと、今朝もエンジンかけてからちょっと手間取ったので、平均燃費は若干下がった。

走行距離153km、平均燃費17.9km/L。
フューエルメーターはやっぱり満タンのまま。
このメーターが正確で、リニアに下がっていくと、満タンで1,000km走れるなんてことになりそうやけど、まぁ、庭爺のN-ONEのように、半分過ぎたら急に減りが早くなったりするんやろね。(^^;;

昨日に続いて、デミオの短所らしきところをもう少し。

デミオは4WDもあるので、センタートンネルがあって、後席足元中央はもっこり膨らんでる。
なので、実質4人乗りと思った方がいい。
我が家はほぼ最大3人しか乗らないので、運転席の後ろの席はいつも荷物置き場になってる。
バッグとか、冬場だとコートとか、傘とか。

あと、今どきの便利グルマに比べると、小物いれ類が圧倒的に少ない。
ダッシュボード下のグローブボックス。左右前ドアのドアポケット(写真1枚目)、ここには一応ペットボトルも入る。
左右前席の間、センターコンソールに、ペットボトル置き場が縦に2つ。その後ろに、紙パックの飲料と、スマホくらいは入るポケットがひとつ。(写真2枚目)
物入れはこれで全て。

なので、我が家のデミオは、百均で買った20cm x 30cmくらいのプラスティックのバスケットに、ティッシュの箱、ウェットティッシュ、ゴミ箱を入れて、後席足元中央のセンタートンネルの上に置いてる。(写真3枚目)
何故か隙間にピッタリ収まって、落ちることもなくセンタートンネルに乗っかってる。w

あとは、ラゲッジと、その上のトノカバー上に多少モノはおけるので、ここにもカゴを置いて、ティッシュの箱も置いてる。

ということで、やっぱり実質乗員は2~3人ってとこやね。

新車乗用車販売台数月別ランキング

Share on Facebook
はてなブックマーク - 新車乗用車販売台数月別ランキング
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

自販連から11月のランキングが発表された。
国内の乗用車販売台数は、各社軒並み前年比マイナスの中、マツダだけが前年比プラスである。
モデル末期だったデミオが、前年に比べて大幅に増えてるからやけどね。
何しろ、デミオは前年同月比353.6%増である。(^^;;
もちろん、アテンザ、CX-5、アクセラのSKYACTIV軍団もそれなりに売れてるしね。

で、各社販売台数が落ちてる中、マツダはひとり増えてるので、当然ランキングも上がる。
車種別では今月一体何年ぶりか(10年以上ぶり?(^^;;)、アクア(95.8%)、プリウス(62.9%)、フィット(42%)に続いて、デミオが4位に入った。後に、カローラ、ノートと続く。
フットはリコール問題もあって、前年同月比42%と、半分以下になってるね。

まぁ、マツダはもう台数は狙わないと言い切ってるし、工場の生産キャパから見ても、もうそんなに増産はできないので、これ以上は上がらないやろけどね。